ホクロ除去

あっというまにホクロがとれる!

ほくろとは、成長過程において、色素細胞になりきれなかった母斑細胞が増殖することで、生じるものです。皮膚の良性腫瘍の一種です。 色素の色によって、色が違います。医学的には、母斑細胞母斑、あるいは、色素細胞母斑と、呼ばれます。

方法
まず、麻酔を施行します。当院では、麻酔の痛みを軽減するために、30分間、麻酔のテープを貼ります。さらに※超極細の針を、使用しますので、痛みを最小限に、抑える事ができます。
続いて、肉眼で見える所を、電気分解により、焼灼します。そして、Qスイッチヤグレーザーで、残ったほくろのメラニンを、破壊します。このように、2段階で行う事で、傷跡を最小限にする事ができます。
※極細注射針をおすすめします。
 利点として、針が極細のため、痛みが少なく、傷跡も小さいです。
 また、内出血もしにくく、腫れも少ないです。

経過
◇ほくろを除去した後は、皮膚に穴があいたように凹みます。
 通常1~2週間ほどで上皮が再生します。上皮が再生するまでは、
 1日1回、入浴後にテープをはがし、消毒をし、軟膏を穴を埋める
 ように塗布し、新しいテープを貼って下さい。

◇治療部位の傷は、1~2週間ほどで、赤みのある肌として、
 閉じていきます。傷が閉じた後、2~3ヶ月間が最も赤く、
 6ヶ月~1年かけて、ゆっくり落ち着きます。この期間は、
 必ず紫外線を防止して下さい。また、上皮化後は、赤みや、
 炎症後色素沈着が、起こることがありますが、時間の経過と
 とともに、薄くなっていきます。

◇当院では、1年間、再治療の保証をさせて頂いております。
 再治療は6ヶ月以降となります。その場合、処置料、麻酔代は
 別途、頂戴致します。

日常生活
・洗顔・シャワー
 当日から可能です。石鹸類の御使用は、翌日からです。
 患部は、強くこすらないで、テープを貼ったまま、洗って下さい。
・化粧
 翌日、テープの上から可能です。
・入浴
 翌日から可能です。
 飲酒・サウナ・激しい運動につきましては、治療当日は、
 お控え下さい。

注意事項
◆当日は、ノーメイクでお越し下さい。
 もしくは、当院で落として下さい。ファンデーションの粒子が
 残っていると、危険な場合があります。術後、施術箇所以外の
 メイクは、可能です。メイクされる方は、メイク道具をご持参下さい。

◆お帰りの際、日焼けの恐れがある場合は、帽子、長袖、長ズボン、
 ロングスカート等で、紫外線を浴びないように、ご注意ください。

◆照射後、1~2週間前後は、肌色テープで、それ以降、1年間は、
 日焼け止めクリームや、ファンデーションで、紫外線を防止して
 下さい。当院では、“学会認定”の日焼け止めクリームと、飲む
 サプリメントとして、ソルプロも販売しております。
 受付にて御購入下さい。

◆以下の方は治療を受けることができません。
・ペースメーカー、体内埋込式除細動器など、体内に金属類を
 埋め込んでいる方(歯のみの場合は治療可能)
・妊娠中、または妊娠の可能性のある方

ご予約/お問い合わせ

ご予約/お問い合わせはこちらから

診療内容一覧に戻る

expand_lessページの先頭に戻る